留年・浪人は就職で不利?

留年をしたり浪人をしたことがある場合、就職活動で人事への印象が悪くなってしまう可能性が高くなっています。

1年くらい留年をしたり浪人をしているだけなのであれば、思っているほど不利になることはないという話を耳にしたりしますが、新卒で就職活動をしている人と比較すると、どうしても不利になってしまいます。

浪人をしたり留年をしたとしても、ちゃんとした理由があるのであれば、人事の人たちに対して、そこまで評価を下げてしまうということはないでしょう。大学生で、自分がしたいと考える仕事に就職をするために浪人をしたという人だっているわけですから。

このような理由で留年や浪人をしたのであれば、どうしてその企業を選んだのか、そしてどれくらいその仕事をしたいと考えているのかを伝えられるように、事前に考えるようにしましょう。そうすれば、留年や浪人をしてしまったとしても、評価を下げにくくすることも可能となります。

そして、就職をするために留年や浪人をしていたのであれば、その間の期間はどのようにして就職をするために努力をしてきたのかをしっかりとアピールできるようにしておきましょう。

就職留年などについて、企業側が質問をしてくる可能性が高いですから、あらかじめ答えを考えるようにしておき、本番になって混乱をしてしまわないようにするということも大切です。


[PR]
by y27wk8qe | 2014-06-19 22:27 | ライフ