無添加ドッグフードは安全?

無添加ドッグフードという物をご存じでしょうか?

無添加とは、添加物が入っていないという意味です。添加物の中には摂取しないに越したことはない物もあります。

そういう添加物が入っていない食品を安全な食品とし、犬にも安全な食品を食べてほしいと無添加ドッグフードを選ぶ飼い主さんが増えているのです。

犬の寿命は人間よりも短いですよね。ずっと一緒にいることは難しくとも少しでも長生きしてほしいと考えるのは飼い主として当然のこと。

長生きしてもらうためにできることの一環として無添加ドッグフードを選ぶ というわけなんです。

ですが、無添加だと表記されているドッグフードが100パーセント無添加だとは言い切れません。

極力添加物を減らして無添加に近づけた状態を指して無添加と表記しているドッグフードも中にはあります。特定の添加物を少量使っていてそれ以外の添加物は使っていないので無添加だとしているドッグフードもありますし、添加物を使っていても無添加だと偽っているドッグフードさえあるのが現状です。

添加物を“なるべく”使っていないドッグフードならOKなのか。それとも、“絶対に”使っていないドッグフードを与えたいのか。

どちらにせよ、飼い主さんが愛犬の健康を考えた上で決めることです。できれば、決めたあとは、クチコミで良いドッグフードを調べたり、実物のドッグフードで成分をチェックしたり、ちょっとした手間を惜しまないであげてほしいですね。

ちなみに、無添加ということは保存料も入っていないわけで、期限内に食べさせることや期限内に食べ切れる量を用意するといった手間も掛かります。


[PR]
by y27wk8qe | 2014-05-07 19:54 | ライフ